新ブログ(ボクシング)案内.png



4月10日(日) 日本時間
WBOインターナショナル ウェルター級王座決定戦

マニー・パッキャオ×ブラッドリー


1年ぶりの復帰戦かつ引退マッチの
マニー・パッキャオ!!


年齢やブランクを考えると
ブラッドリーは厳しい相手ですが
これまで不利を覆してきたパッキャオに
期待です。


でもオッズはパッキャオ有利なのかな?
マニー・パッキャオのプロ戦績

ブラッドリー戦績
⇒36戦33勝(13KO)1敗1分1無効試合
※敗戦はパッキャオ2戦目のみ
※世界2階級王者


過去の2人の戦績は1勝1敗!!
(1戦目もパッキャオが勝ったと思ったけど)


ラストマッチで完全決着なるか!?


※こちらのサイトではLIVE放送を見て
状況を更新していきます!!
ライブで見られなくて結果が気になる方は
当サイトを更新しながらご覧下さい。
(試合開始はおそらく12時半ごろです!)


12:20:これから両者入場です。

12:30:パッキャオいつもと変わらず笑顔で入場

12:37:試合開始!!

※時間は日本時間です



【スポンサードリンク】







パッキャオ×ブラッドリー 試合結果


パッキャオ◯12R判定●ブラッドリー


12R判定3-0でパッキャオが勝利

116-110
116-110
116-110

パッキャオが2度のダウンを取って
ブラッドリーに勝利。

これでブラッドリーとの対戦を勝ち越して引退。


パッキャオ×ブラッドリー 試合展開



【1R】
12:37試合開始

お互いにジャブの刺し合いでスタート。
会場はマニーコール。

ジャブの数はブラッドリーの方が積極的か!

パッキャオもジリジリプレッシャーを
かけていきます。


ポイントはブラッドリー
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【2R】

まだまだお互い慎重です。
ブラッドリーが出てきたところに
パッキャオがカウンターを合わせる展開か?

動きはお互いにいいですね。

攻防が入れ替わり
ブラッドリーもカウンターを狙っているか?
お互いに跳び込んだり
カウンターを狙ったりですね。

ラウンド終盤、
パッキャオの左がクリーンヒット。
ダメージはなさそうです。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【3R】

2Rまでは明確な差はありません。

このラウンドはお互いに距離を縮めてきました。
強烈なパンチが空を切ります。

展開としてはパッキャオが追いかける。
ブラッドリーも細かくパンチを
当てていきます。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)

ヒット数はブラッドリーの方が多いような気がします。


【4R】

パッキャオが狙っていきますが
ブラッドリーも手数は減りません。

互いに踏み込んで離れてという展開でしょうか?

明確なクリーンヒットはまだありません。

ブラッドリーはパッキャオの左に
右を合わせようとしています。
得意の連打はまだ見られません。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【スポンサードリンク】






【5R】

パッキャオが踏み込んでいきます。
ブラッドリーもそれに合わせるように
カウンターをいれていきます。

攻防としてはブラッドリー優勢でしょうか?

ラウンド中盤、
ブラッドリーの左フック(アッパー)がヒット

パッキャオもひるまずに打ち込みます。
ラウンド終盤の打ち合いは
逆にパッキャオ優勢か?

会場も盛り上がってきました。


ポイントはブラッドリー
(解説:ジョー小泉さん)

パッキャオ
(解説:浜田剛史さん)


【6R】

ブラッドリーが先に攻めていきます。
しかし段々パッキャオがプレッシャーを
かけていきます。

打ち合いが続きますが
お互いガードは高くクリーンヒットはありません。


パッキャオの右ジャブのヒットも
目立つようになりました。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【7R】

このラウンドも
スタートはブラッドリー。

パッキャオの右がクリーンヒット
ブラッドリーも負けじと左フックをヒットさせます。

パッキャオの動きもいいですが
なかなか明確な差はつきません。


そしてラウンド終盤、
パッキャオのパンチでブラッドリーがダウン。
スリップ気味ですがパンチはヒットしています。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)
※ダウンで明確な差がつきました。

ダメージはそれほどなさそうです。


【8R】

ダメージはないものの
ブラッドリーからしたら焦るダウンです。
ここで試合が動いてくるでしょうか?


ブラッドリーもポイントを取り返そうと
出てきます。
試合が動きそうですね。

パッキャオもそこにカウンターを
合わせようとしています。

お互いのフェイントの掛け合いが
すごい見どころがあります。

残り1分、
ブラッドリーの連打で攻勢。
パッキャオもたまらず守勢にまわります。
そこまでヒットはありませんが
見栄えは非常にいいですね。

面白くなってきました。


ポイントはブラッドリー
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【9R】

8Rはブラッドリーらしさが出てきました。

このラウンドもブラッドリーが出ていきます。

パッキャオも倒そうとプレッシャーを
かけています。
攻防が入れ替わり面白い展開です。

そして残り1分。
パッキャオの左フックが炸裂。
ダウン!!!!


大きなダメージはなさそうですが
明確なダウンです。


ラウンド終盤はブラッドリーも
必死に出ていきます。


ポイントはパッキャオ
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【10R】

ブラッドリーはポイントでは厳しいか?
パッキャオもカウンターを
常に狙っているので難しい展開です。

ラウンド前半はブラッドリー、
後半はパッキャオという展開が続きます。

終盤はジリジリとパッキャオが
プレッシャーをかけます。
手数はブラッドリーでしょうか?

残り10秒でお互い強烈なパンチ。
ブラッドリー優勢。
パッキャオは狙い過ぎなのか?

ポイントはブラッドリー
(解説:浜田剛史さん・ジョー小泉さん)



【11R】

手数はブラッドリーですが
パッキャオも当てさせません。

パッキャオの手数が少ないので
ポイント的にはどうでしょうか?

少しおとなしいラウンドになりましたかね。


ポイントはブラッドリー
(解説:ジョー小泉さん)

パッキャオ
(解説:浜田剛史さん)



【12R】

ついに最終ラウンドまできました。

パッキャオは狙い過ぎなのか
疲れたのか手数は減っていますね。

足を使っているところを見ると
少しつかれたのかもしれませんね。

それともポイント差を確信したでしょうか?

最終ラウンドは
パッキャオは足を使い試合終了。




パッキャオ×ブラッドリー 感想



やっぱりパッキャオですね。
年齢・ブランク、状況を考えると
ここまでやるとは思いませんでした。

思い返してみれば
バレラ戦やデラホーヤ戦の不利予測の方が
はるかに大きかったですからね。

素人目線でも
ジャブの差し合い時のフェイント合戦の
すごさがわかりました。

非常に見どころのある試合だったと思います。


あの充実したブラッドリーに
完勝するとは恐れいりました。

引退は寂しいですね。



勝者:パッキャオのコメント



これは最後の一戦です。
彼はタフなボクサーでした。

彼はカウンターが得意なボクサーです。
ダウンはプラン通りです。

彼は前回の2回よりもはるかに強くなっていました。


フィジカル面ではまだまだ出来ると思います。
ただフィリピンの国民のために決断をしました。

これで引退します。


敗者:ブラッドリーのコメント



興奮してよくわからない状態です。
でも私は全力を尽くしました。
また頑張ります。


私はまだまだ戦っていきます。
全力を尽くせたことを嬉しく思います。


パッキャオは素晴らしかった。
私よりも速くて強くて私よりも優れたボクサーでした。



パッキャオ×ブラッドリーをフルで見たい方は!



WOWOWオンデマンドで
今回のパッキャオの引退マッチ&過去の2戦を
フルで見ることができます!!


今月はゴロフキン、ロマゴンの試合も
ありますからボクシングファンにはオススメです。


パッキャオ×ブラッドリーを見たい方はこちらからどうぞ!
WOWOWオンライン


WOWOWオンデマンドについて
詳しく知りたい方はこちら!
オンデマンドはボクシング見放題!




【スポンサードリンク】






次の記事



前の記事
山中慎介×ソリス戦の感想


【関連記事】

メイ×パッキャオ 結果・コメント

メイ×パッキャオをデータで振り返る

パッキャオの引退マッチは盛り上がる!?

内山高志のV12コラレス戦に不安要素はない?

【2016年5月8日】アルバレス×カーン 試合結果・コメント



【随時更新!人気記事一覧】

ボクサー別記事一覧こちら!

ボクシング速報・最新記事はこちら!

試合実況・結果・コメントはこちら!

テレビ放送・チケット情報はこちら!

人気選手グッズ・お薦め書籍はこちら!

エキサイトマッチの期間限定はこちら!