新ブログ(ボクシング)案内.png



9月11日(日) 日本時間
WBC・IBF世界ミドル級タイトルマッチ

ゲンナディ・ゴロフキン(王者)×ケル・ブルック(挑戦者)


ゴロフキンの戦績
35戦35勝32KO(現在16連続KO防衛中)
この試合にKO防衛すれば34年ぶりにウイルフレド・ゴメスの持つ連続KO防衛記録に並ぶ


ケル・ブルックの戦績
⇒36戦36勝25KO


世界から大きな注目を集めるが
ブルックはウェルター級王者(2階級下)であり
専門家のほとんどがゴロフキン圧倒的有利と発言。


そしてWBAはブルックがミドル級で
1度も試合をしたことがないことを
懸念してタイトルマッチとして承認しないと発表。


ブルックに有利な点があるとしたら
ホームだということ。
でもゴロフキンは常にアウェイだから関係ないかな。


尚、試合日程が同じなので混乱しそうですが

ロマゴン×クアドラスは米国
(亀海×カラスもこちらです!)

ゴロフキン×ブルックは英国
(カシメロ、ハスキンス防衛戦など)

で開催されています。



【注意点】

この試合はWOWOWエキサイトマッチで
専攻ライブ配信をされた試合をタイムリーに掲載しています。


テレビ放送(WOWOWプライム)では
日本時間9月11日(日)11時より
放送される試合ですので
結果を知りたくない方はここでページを閉じて下さい。




【スポンサードリンク】







ゴロフキン×ケル・ブルック 試合結果


ゴロフキン◯5RTKO●ケル・ブルック

5RTKOでゴロフキンの勝利。
これでゴロフキンは17連続KO防衛!





ゴロフキン×ケル・ブルック 試合展開



【1R】

互いに好戦的な立ち上がり。
ブルックは怖がる様子もなくパンチを出していきます。

しかし、ゴロフキンがどんどん圧力をかけていきます。
ゴロフキンは一気に決める気です。


ゴロフキンの強烈なボディが入り
ブルックが一瞬怯むも勇敢にパンチを出して
ゴロフキンの前進を止めていきます。


効いてるかわからないが
ゴロフキンもいいパンチもらってるぞ。


前半はゴロフキン、後半はブルックでポイントはゴロフキンか?



【2R】

互いに短期決着狙いですね。
ブルックもさすがに最後までは耐え切れないでしょう。


圧力はゴロフキンだが、
ブルックのパンチも入ります。


ゴロフキンはちょっと大振りで狙い過ぎか?


ラウンド後半はブルックがスピードで圧倒!?
会場の雰囲気もあってかブルックペースに。


ポイントはブルック!?



【3R】

ゴロフキンはまともにもらっているけど
わりと前半はもらうことも多いからいつも通りか?

もらいながらも圧力で倒しちゃう展開に
持ち込もうとさらに圧力を強めています。

ブルックとしてもカウンターを入れる
チャンスだが、ゴロフキンはお構いなし。
結構クリーンヒットはもらってるんだけどね。


ブルックは互角以上の戦いをしているように
見えるけどどうしてもパンチの重さが違うから
長くは持たないか?


ポイントはイーブン。
会場的にはブルック?



【4R】

ゴロフキンは攻めながらも
ガードは上がってきました。

スピードはブルックなのでパンチはもらっています。

ただ圧力はゴロフキン。
ゴロフキンのボディは相当入っています。

ポイントはイーブン。



【スポンサードリンク】






【5R】

ラウンド開始からゴロフキンの猛攻。
ブルック効いてます。。。

さすがに限界か?

しかしブルックは勇敢に戦います。



が、


ここでセコンドがタオルを振り回し試合終了をアピール。
最終的にタオルを投げ入れて試合終了。






ゴロフキン×ブルック 感想



終わってみれば前評判通りのゴロフキンの圧勝。


しかし、ライブで見ている分には
ゴロフキンもいつ倒れてもおかしくないくらい
クリーンヒットをもらっていました。


結局、パンチをもらいながらも
攻め続けられるのがゴロフキンの強さなわけですが。


ブルックは1Rから相当重いパンチを
もらっていましたが、効いている素振りを見せず
とても盛り上げてくれました。



これでブルックが勝ったら、
ミドル級戦線はどうなっちゃうんだろう・・・。



パーフェクトレコードのどちらかが倒れるのか・・・。


このドキドキ感がたまりませんでした。


ブルックとしては倒されることも
スタンディングダウンもな評価を上げて終える結果となりました。
そういう意味ではセコンドグッジョブなのかな。


こちらとしてはもう少し見たかったですけどね。


ゴロフキンは調子悪そうに見えましたが
いつもコメントでは平常運転をアピールするから
よくわからんですね。


ダウン経験もないから(たぶん・・・)
効いているように見えても本当のところわからないし。


冷静に考えればやっぱりミスマッチでしたね。
2階級上げていきなり最強王者ですから。


ミニマム級最強でも
いきなりフライ級のロマゴンには勝てないよね(笑)


でもすべてを引っくるめて面白かったです!




勝者:ゴロフキンのコメント



ブルックのパワーは感じなかった。
手数は出していたが、力はなかったよ。



敗者:ブルックのコメント



2回に眼窩を骨折してしまった




9月10日その他の試合結果




【IBFフライ級タイトルマッチ】

ジョンリル・カシメロ×チャーリー・エドワーズ


10Rにカシメロがダウンを奪い、
エドワーズは立ち上がるが再び猛攻をくらい試合終了。
カシメロの10RTKO勝利


カシメロはアムナットから奪った王座の初防衛戦。
井岡一翔と同じ階級なので今後対戦があるかも!


カシメロは豪腕を振り回すタイプ。


アムナットは捉えたけど
井岡ならうまく捌きそうな気がする。
実現すれば面白いカードかと。



【IBFバンタム級タイトルマッチ】

リー・ハスキンス×スチュアート・ホール


12R判定でハスキンスの勝ち
3-0(115-113 117-111 116-112)


終盤にホールが
ダウン寸前まで追い込むも倒しきれず。

ホールが勝ったと思った!!

会場もブーイングだけど
微妙なラウンドが多かったし
3-0だからそんなもんなのかな。


過去に対戦経験のある両者だが
前回同様、ハスキンスの勝利。


IBFは当日計量だし、
増量制限もあるわりにはホールが
大きかった気が(笑)



【スポンサードリンク】






次の記事
クアドラス×ロマゴン 試合結果・両者コメント


前の記事
【2016年5月8日】アルバレス×カーン 試合結果・コメント



【新ブログ作成中】

ロマゴン×クアドラスの対戦予想

長谷川穂積×ウーゴ・ルイスは地上波放送なし!?



【関連記事】

【2016年4月27日】内山高志×コラレス 試合結果・コメント

【2016年4月27日】田口良一×ランダエタ 結果・コメント

【2016年4月27日】河野公平×インタノン 試合結果・コメント

【2016年4月24日】ゴロフキン×ウエイド 試合結果・コメント

【2016年4月24日】ロマゴン×アローヨ 試合結果・コメント

【2016年4月10日】パッキャオ×ブラッドリー 試合結果・両者コメント



【随時更新!人気記事一覧】

ボクサー別記事一覧こちら!

ボクシング速報・最新記事はこちら!

試合実況・結果・コメントはこちら!

テレビ放送・チケット情報はこちら!

人気選手グッズ・お薦め書籍はこちら!

エキサイトマッチの期間限定はこちら!


 タグ